滞納のペナルティ

カードローンの返済を遅らせることでペナルティが課せられるわけですが、最初に発生するのが「遅延損害金」です。遅延損害金は通常よりも高い金利となっていて、その多くは20%に設定されています。また、遅延損害金に関しては遅れれば遅れるほどこれが次々と加算されていきますので、万が一遅れた際には一日でも早い返済を行うことが重要なのです。そして、返済の際は通常時の返済分に加えてこの分のお金を払っていくことになっています。しかし、返済を遅らせた時に起きるのはこれだけではなく、借入した会社からもあらゆる方法を用いて返済を促してくるのです。

最初に行われるのは、利用者の携帯電話への連絡となっています。ただ、この段階では利用者が返済日を忘れていた等で返済が行われていない可能性もありますので、それほど厳しいものではありません。ここで電話に出ない等、何の対応もせずにいると、次に利用者の自宅にはがき等を郵送して返済を促してきます。

それでも返済が行われないと次に利用者宅へ直接電話をすることで返済を促し、以下、返済が行われない度に「自宅への督促状の郵送」、「借入会社からの取り立て」、「分割ではなく一括での返済」、「差し押さえ」と段階ごとに厳しいものとなっていきますので、早めの返済を心掛けてください。言うまでもないですが、返済を遅らせている間の借入は一切できず、信用情報にも傷が付き、他の会社での借入も厳しくなります。