返済方法を考える

カードローンの返済がいかに重要かということがこれまでのお話でお分かりになったでしょう。返済を遅らせないためには返済方法も考えていく必要があり、カードローンには様々な返済方法がありますので、そのいくつかをご紹介します。大きく分けると分割払いとリボルビング払いとなり、さらに各々で細かく分けられるわけですが、それぞれでメリットやデメリットが存在するので特徴については理解しておかなければなりません。

まず、分割払いの場合は、借入した合計金額を支払い回数(月数)で割るため、返済途中で借入を行うことで毎月の返済金額が増えてしまいますが、支払い回数は変わりません。一方リボルビング払いの場合は、最初から毎月の返済金額が固定されていますので、返済途中で借入を行っても返済金額に変化はなく、その分支払い回数は増えることになります。

ただ、リボルビング払いの場合、返済期間が延びることで金利分の支払いが多くなりますので、最終的には分割払いの時より返済金額が大きくなるという点にご注意ください。また、返済に関しては毎月決められた約定返済の他に随時返済というお金に余裕がある時に返済を行うといった方法もあるので、余裕がある時には随時返済を利用していくことで、返済期間を短くすることができます。

随時返済は、リボルビング払いを利用している時には特に有効であり、支払った分は元金の返済とできるので、返済期間が短くなるばかりではなく、金利分の支払いも減らすことが可能となるのです。このように二つの返済の特徴をよく知り、自分に合った適切な返済方法を選択するようにしましょう。そして、万が一返済が遅れそうな時には必ず借入会社に電話を入れるということも忘れないでください。

参考リンク≪http://noloan.com/
カードローン返済を最高47回までリボルビング払いができるノーローンです。