返済方法を考える

カードローンの返済がいかに重要かということがこれまでのお話でお分かりになったでしょう。返済を遅らせないためには返済方法も考えていく必要があり、カードローンには様々な返済方法がありますので、そのいくつかをご紹介します。大きく分けると分割払いとリボルビング払いとなり、さらに各々で細かく分けられるわけですが、それぞれでメリットやデメリットが存在するので特徴については理解しておかなければなりません。

まず、分割払いの場合は、借入した合計金額を支払い回数(月数)で割るため、返済途中で借入を行うことで毎月の返済金額が増えてしまいますが、支払い回数は変わりません。一方リボルビング払いの場合は、最初から毎月の返済金額が固定されていますので、返済途中で借入を行っても返済金額に変化はなく、その分支払い回数は増えることになります。

ただ、リボルビング払いの場合、返済期間が延びることで金利分の支払いが多くなりますので、最終的には分割払いの時より返済金額が大きくなるという点にご注意ください。また、返済に関しては毎月決められた約定返済の他に随時返済というお金に余裕がある時に返済を行うといった方法もあるので、余裕がある時には随時返済を利用していくことで、返済期間を短くすることができます。

随時返済は、リボルビング払いを利用している時には特に有効であり、支払った分は元金の返済とできるので、返済期間が短くなるばかりではなく、金利分の支払いも減らすことが可能となるのです。このように二つの返済の特徴をよく知り、自分に合った適切な返済方法を選択するようにしましょう。そして、万が一返済が遅れそうな時には必ず借入会社に電話を入れるということも忘れないでください。

参考リンク≪http://noloan.com/
カードローン返済を最高47回までリボルビング払いができるノーローンです。

滞納のペナルティ

カードローンの返済を遅らせることでペナルティが課せられるわけですが、最初に発生するのが「遅延損害金」です。遅延損害金は通常よりも高い金利となっていて、その多くは20%に設定されています。また、遅延損害金に関しては遅れれば遅れるほどこれが次々と加算されていきますので、万が一遅れた際には一日でも早い返済を行うことが重要なのです。そして、返済の際は通常時の返済分に加えてこの分のお金を払っていくことになっています。しかし、返済を遅らせた時に起きるのはこれだけではなく、借入した会社からもあらゆる方法を用いて返済を促してくるのです。

最初に行われるのは、利用者の携帯電話への連絡となっています。ただ、この段階では利用者が返済日を忘れていた等で返済が行われていない可能性もありますので、それほど厳しいものではありません。ここで電話に出ない等、何の対応もせずにいると、次に利用者の自宅にはがき等を郵送して返済を促してきます。

それでも返済が行われないと次に利用者宅へ直接電話をすることで返済を促し、以下、返済が行われない度に「自宅への督促状の郵送」、「借入会社からの取り立て」、「分割ではなく一括での返済」、「差し押さえ」と段階ごとに厳しいものとなっていきますので、早めの返済を心掛けてください。言うまでもないですが、返済を遅らせている間の借入は一切できず、信用情報にも傷が付き、他の会社での借入も厳しくなります。

カードローンを滞納したら

一昔前まではカードローンを利用することはお金を借りる行為であるため、利用に対して、マイナスのイメージを持たれていましたが、最近では様々なカードローンが存在するため、利用した経験があるという方もいらっしゃるでしょうし、以前のようなイメージも払拭されつつあります。

カードローンは利用の仕方を間違えなければ非常に便利でありますが、利用した後の返済は遅れることなく確実に行っていかなければなりません。ところが、利用者の中には返済日までに返済を行わない方もいらっしゃるようです。返済日までに返済が行われないと、カードローン会社は様々な手段を用いて返済を促してきますので、利用者は返済を逃れることはできません。

その返済の促し方にも段階があり、最初から厳しく促してくることはありませんが、それでもなかなか返済が行われなければ、徐々に厳しいものへと変わっていき、最後は差し押さえとなってしまいます。さらに、返済を遅らせることで利用者に対してペナルティとして通常よりも高い金利が課せられ、信用情報にも傷がつくことで、今後の利用にも影響が出るのは間違いありません。

ペナルティに関しては、遅れれば遅れるほどその日数に応じて加算されていくため、万が一遅れた際には一日でも早く返すことが何より重要となってきます。このようにカードローンを利用する以上、返済を行うことは非常に重要ですので、その方法を工夫するといったことも考えていく必要があるでしょう。そこで当サイトでは返済を遅らせた時に起きることと、返済方法に関してもう少し見ていきたいと思います。